読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Total Nonstop Aviation

C91/金曜東e-29a

けるきら

テッサロニキ市街から空港へと移動し、
Astra Airlinesとかいう謎キャリアで次の目的地であるケルキラ島のコルフ国際空港へ。
ちなみに現地語だとケルキラ島、英語やイタリア語だとコルフ島って呼称になるらしい。
ややこしいな。

なんやかんやで日本を出発してから丸2日近く経過していたので、
到着後はタクシーでホテルに直行して爆睡。
f:id:mi28:20170501153549j:plain:w500
で翌朝目を覚まして外に目を向けると、目の前にはコルフ空港の滑走路!


実はこの空港、トラフィックはさほど多いわけではないけど、
そのロケーションのよさからヨーロッパのスポッターに人気の高い場所の一つ。

しかもホテルのベランダからスポッティングを楽しめるということで、
前もって一泊60ユーロもする超高級(パッカー基準)ホテルを、
エアポートビューの部屋をリクエストして予約していた。

・・・が、充てられた部屋のベランダとランウェイの角度的に、
アプローチ機が撮り辛かったので、結局ホテル併設のカフェで撮影することに。

f:id:mi28:20170501160410j:plain:w500
こんなとこ。
なんかKYGOの曲とかかかっててめっちゃオシャレですやんってなった。
f:id:mi28:20170501160300j:plain:w500
とりあえずマキアートとチーズケーキをいただく。
f:id:mi28:20170501154810j:plain:w500
眼下にはイオニア海が広がる。
やべー、なんか場違いなオシャレさ。
f:id:mi28:20170501161357j:plain:w500
基本的に全ての機体がR/W35で着陸するっぽい。
背景には入り江と街並みが広がっていていい感じ。
f:id:mi28:20170501153209j:plain:w500
離陸はまちまち。
この日は7割くらいの機体がR/W35で上がっていった。
f:id:mi28:20170501162034j:plain:w500
この空港にはタキシーウェイがないので、
離陸機はR/Wエンドのターニングパッドで向きを変える。
f:id:mi28:20170501155731j:plain:w500
オフシーズンなのでトラフィック量が心配だったけど、
午前中はそれなりに賑やかだった。
f:id:mi28:20170501163205j:plain:w500
エーゲ航空
アテネに向かう際に乗ったけど客室乗務員がノースリーブでえろい。
f:id:mi28:20170501164048j:plain:w500
海に浮かぶような感じで建っているヴラキヘルナ修道院
f:id:mi28:20170501163912j:plain:w500
コンドルは飛んでいく。
f:id:mi28:20170501111636j:plain:w500
easyJet。新塗装にも大分見慣れてきた。
f:id:mi28:20170501112157j:plain:w500
デカいのがきた。
f:id:mi28:20170501112203j:plain:w500
757だ。
f:id:mi28:20170501120311j:plain:w500
下に降りてみた。
入り江の入口にかかる歩道は誰でも歩けるようになっている。
f:id:mi28:20170501115720j:plain:w500
修道院とA321。
f:id:mi28:20170501121630j:plain:w500
歩道から離陸に向けてターンする757を撮影。
f:id:mi28:20170501121734j:plain:w500
滑走路の彼方にはパントクラトラス山が見える。
ちなみに総合格闘技パンクラスの団体名は、
古代ギリシャの格闘スポーツ、パンクラチオンに由来しているらしい。
・・・すげーどうでもいいな。
f:id:mi28:20170501122748j:plain:w500
昼以降は夕方までトラフィックがほぼ無い感じだったので、
12時半離陸の737を撮って一時撤収、旧市街に遊びに行くことに。

テッサロ日記

広島→福岡(高速バス)→上海→イスタンブールと乗り継いで、
テッサロニキ国際空港には朝の8時すぎに到着。
f:id:mi28:20170430085502j:plain:w500
ギリシャ第2の都市の空港の割には、なんかすげー薄暗いしボーディングブリッジも無しという。

同日夜の便で別の場所に移動するので、サブバッグだけ持って街に出ようと思って、
インフォメーションで荷物預かりについて聞いてみたらこれも無いのかよ。

どうやら鉄道駅にロッカーがあるようだったので、とりあえずバスで移動。
f:id:mi28:20170430175948j:plain
テッサロニキのバスはなぜかルーマニアカラー。
駅で無事ロッカーを発見したので、バックパックを預けてから街の中心へと向かう。
f:id:mi28:20170430122241j:plain
わかる。
f:id:mi28:20170430193755j:plain:w500
駅から30分位で街歩きの起点となるアリストテレス広場に到着。
普段は地元民で憩いの場となっているらしいけど、この日は小雨模様のためか人出が少なかった。
f:id:mi28:20170430193637j:plain:w500
アリストテレスニキ。
f:id:mi28:20170430194431j:plain:w500
広場から写真右手に見えるホワイトタワーまでの通りには、
いい感じのカフェやレストランが立ち並んでいて賑やかな雰囲気。
f:id:mi28:20170430194915j:plain:w500
意識高そうな店。
f:id:mi28:20170430194116j:plain:w500
意識高そうなクルマ。
f:id:mi28:20170430202911j:plain:w500
ホワイトタワーまで来たよ。
f:id:mi28:20170430202106j:plain:w500
タワーに登れるっぽいので5ユーロだか(詳しくは忘れた)払って登ってみる。
f:id:mi28:20170430201113j:plain:w500
内部は博物館みたいな感じになっていて、なんかいろいろ展示されてた。
f:id:mi28:20170430201703j:plain:w500
塔からの眺め。天気が冴えない。
無機質な集合住宅が建ち並ぶ風景はバルカン半島の都市だなーという感じで結構すき。
f:id:mi28:20170430212117j:plain:w500
そんな無機質な街並みを歩いていると、
フツーに遺跡やら歴史的建造物やらが残っているあたりはさすがギリシャ
f:id:mi28:20170430220017j:plain:w500
それらが街並みとミスマッチしているというわけではなく、
むしろ溶け込んでいる感があって味がある。
f:id:mi28:20170430212753j:plain:w500
298年から299年に建設されたとされるガレリウスの凱旋門wikipedia調べ)。
f:id:mi28:20170430212955j:plain:w500
それにしてもこの国、落書きが滅茶苦茶多い!
しかもグラフィティと呼ぶにも値しないしょーもない落書きが大半・・・。
f:id:mi28:20170430220538j:plain:w300
かと思えばたまに半端ない力作があってテンションが上がる。
f:id:mi28:20170430221729j:plain:w500
ライオンさん。

街歩き後は駅で荷物を取ってから空港へ。

51カ国目

トニー・ロモ引退ショックとかNFLドラフトとか中邑真輔SD昇格とかまあいろいろあったけど、
バルカン半島をコンプリートすべくギリシャに行ってきたっす。
f:id:mi28:20170430194431j:plain:w500
福岡→上海→イスタンブールテッサロニキ。小雨模様・・・。
f:id:mi28:20170501112756j:plain:w500
続いてコルフ島。飛行機を俯瞰で撮影できるオシャレなカフェが神ってた。
f:id:mi28:20170503104637j:plain:w500
からのアテネアクロポリスめっちゃ人多かった。
地下鉄でスリ未遂に合う(2年連続2度目)も見事ディフェンス。
f:id:mi28:20170503193911j:plain
で日本人パッカーも多数訪れる世界遺産メテオラ!
・・・をスルーしてたどり着いたラリッサとかいう街が今回のハイライト。
f:id:mi28:20170504093806j:plain:w500
お目当ては勿論このイベント、岩国FDの裏番組、もといPhriendship Day(勝手に命名)。
この日のためにスポッターのフレンズが世界中から集結。
f:id:mi28:20170504122844j:plain:w500
最初で最後のHAF RF-4E。
各地の写真やイベントについてはまたブログに書くよ。
とか言ってまともに書いたためしがないんだけど。


今回現地でお会いした方々には、申し訳ないくらいお世話になりっぱなしで助かりました。
この場を借りて改めてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。