読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Total Nonstop Aviation

C91/金曜東e-29a

ベオグラード航空博物館

セルビアベオグラードに着いてからなにもしてなかったので、
これはいけないと思って空港近くにある航空博物館行ってきた。
f:id:mi28:20150627164800j:plain:w500
博物館へは空港ターミナルから徒歩で5分ほど。
写真の通り個性的でちょっとキモい建物なので遠くからでもわかりやすい。
f:id:mi28:20150627165804j:plain:w500
ユーゴスラビア空軍仕様のBf109G。
f:id:mi28:20150627170112j:plain:w500
S-49C。
WW2後に開発されたユーゴスラビア国産戦闘機で、この機体が現存する唯一のものらしい。
f:id:mi28:20150627165425j:plain:w500
Type213 Vihorとかいうユーゴスラビア産の謎練習機。超マニアック。
マイナーすぎてググってもろくに情報がでてこないという。
f:id:mi28:20150627162245j:plain:w500
ユーゴスラビア初の国産ジェット機、イカルスS-451M。
こうしてみると旧ユーゴスラビアの航空産業って優秀だなー。
f:id:mi28:20150627161854j:plain:w500
ユーゴスラビアSOKO社の開発した練習機/軽攻撃機 G-2ガレブ。
f:id:mi28:20150627170342j:plain:w500
SOKOとルーマニアのIARが共同開発した軽攻撃機J-22の試作1号機。
f:id:mi28:20150627162402j:plain:w500
セルビアの歴史とは切っても切れない、コソボ紛争に関連する展示品も多数。
こちらは1999年5月にコソボで撃墜されたRQ-1Aプレデター
f:id:mi28:20150627171418j:plain:w500
アライド・フォース作戦が開始されて間もない1999年3月27日に、
ベオグラード近郊でSA-3によって撃墜されたとされるF-117のキャノピー。
中国のJ-20のステルス技術はこのF-117の残骸が元になっているなんて話があるけど
実際のところどうなんだろ。
f:id:mi28:20150627171501j:plain:w500
F-117を撃墜したSA-3の一部(右)とF-117のFLIR/DLIR装置(左)。
f:id:mi28:20150627161809j:plain:w500
同じくF-117の主翼と、1999年5月2日に撃墜されたF-16のキャノピー/垂直尾翼
f:id:mi28:20150627164229j:plain:w500
ショートSA.6シーランドという僅か25機しか生産されなかった水陸両用機。
すっげぇ地味だな・・・。
一応世界で現存する2機のうちの1機なんだとか。
f:id:mi28:20150627162948j:plain:w500
Jat航空(現エア・セルビア)の Se.210カラベル。
f:id:mi28:20150627163329j:plain:w500
館外には多数の機体が保管・・・というよりは放置されていた。
部品取りってわけでもないだろうし・・・。
オラオとかガレブとか。
f:id:mi28:20150627163403j:plain:w500
なんかよくわからないプロペラ機とかガレブとか。奥にはMiG-21の姿も。
小じんまりとした博物館だったけど、
どマイナーなユーゴスラビア機をたくさん見ることができて満足どす。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村