Total Nonstop Aviation

C92/土曜東ミ-38a

ビクトリアの滝(ジンバブエ側)

ザンビア側から滝を見学した翌日はジンバブエ側に移動。
f:id:mi28:20160308104540j:plain:w500
昨日と同じく宿のシャトルで国境まで行ってもらい、ザンビアを出国。
そのまま徒歩で橋を渡る。
写真左側に写る屋根からはバンジージャンプが出来るようだ。やらないけど。
f:id:mi28:20160308105204j:plain:w500
と、ちょうどバンジージャンプをする人がいたので見学させてもらうことに。
f:id:mi28:20160308105205j:plain
飛んだー!
f:id:mi28:20160308105237j:plain
Holy shit!! Holy shit!!(プロレスファン並の感想)
f:id:mi28:20160308105523j:plain:w500
バンジーも見たので、ジンバブエのイミグレで30ドルを払ってビザを取得。
イミグレを抜けてすぐにタクシーの客引きがやってきたけど、
ビクトリアフォールズの街までそんなに距離がなかったので歩いて行った。
f:id:mi28:20160308133715j:plain:w500
国境から15分ほどでビクトリアフォールズの街に到着。
観光の街ということもあってか、中心部はあのジンバブエとは思えないほど整っていた。
ただ街を歩いていると、30秒間隔で旧ジンバブエドルや土産物を売りつけてきたり、
アクティビティを勧めてくるジンバブエ人が寄ってきてうぜー。
ジンバブエドルはちょっと欲しかったので国境で声かけられた時に買っちゃったけど。

この日はビクトリアフォールズには泊まらず、日中に滝観光をしてから
19時発の夜行列車で南部のブラワヨという街まで移動する予定だったのだけど、
荷物が邪魔で仕方ないので預かってくれる所を探すことに。

そういうわけでまずは市内中心部にほど近い安宿、Victoria Falls Rest Campに行って、
お金を払うので荷物預かりとできればシャワーを使わせてくれないかと交渉してみると、
荷物預かりはタダ、シャワーは2ドルで使っていいとのことで交渉成立!
f:id:mi28:20160308125720j:plain:w500
とりあえず朝から何も食べていなかったのでピザを食べる。
f:id:mi28:20160308155015j:plain:w500
その後鉄道のチケットを手配するため駅へと向かう。
f:id:mi28:20160308123712j:plain:w500
ビクトリアフォールズ駅にてブラワヨ行き1等のチケット12ドルを無事確保。
f:id:mi28:20160308153943j:plain:w500
チケット入手後は滝を見学するため、再び国境に向かって歩き出す。
f:id:mi28:20160308135128j:plain:w500
ジンバブエ側公園入口で入場料30ドルを払い入場。
ザンビア側よりも10ドルほど高い。
f:id:mi28:20160308151709j:plain:w500
正直言って昨日も見た滝を別サイドから見るためだけに30ドル払うのってどうなん・・・
って思ってたけど、実際に滝を目の当たりにするとおーすげえーってなる。
f:id:mi28:20160308152318j:plain:w500
写真的にもジンバブエ側の方がよかったかな。
f:id:mi28:20160308142550j:plain:w500
うつくしい。
f:id:mi28:20160308142718j:plain:w500
クチバシのデカい鳥。
f:id:mi28:20160308151257j:plain:w300
リビングストンさん。
f:id:mi28:20160308145823j:plain:w500
地元民。
f:id:mi28:20160308165927j:plain:w500
滝の見学を終えたのが16時過ぎ、列車の発車時間までまだ余裕があったので、
宿で荷物を受け取ってシャワーを浴びた後、
宿泊客でもないのに図々しくもレストランの電源を借り、
有料Wifi(500MBで3ドル)につないで2時間ほど居座った。
さすがに申し訳ないので4ドルのアイス注文して1ドルをチップとして支払ったけど。
f:id:mi28:20160308183740j:plain:w500
18時すぎに宿を出て、スーパーで水と食料を買って駅へと向かう。
一応19時発車とはなっているけど、ネットで同じ路線を乗った人の感想なんかを見ていると、
数時間の遅れは当たり前のよう。
まあその辺は織り込み済みというか、どうせジンバブエの鉄道なんて遅れて当たり前だろうと、
大変失礼なことを思いながら駅に近づくと、なにやらホームには列車らしきものが停車している。
恐る恐るその辺にいた職員に聞いてみると、ブラワヨ行きはこれだよとの返事。えー意外。
しかもあろうことか定時で発車するという快挙。なんというかすみません。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村