読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Total Nonstop Aviation

C91/金曜東e-29a

タンザニアへ

ムベヤで一泊した後はマラウィとタンザニア国境の街、カロンガまで移動。
とその前に、タンザニアビザを取得するために必要な米ドルを持ち合わせてないので、
念のためにと銀行の多いムズズで両替をしておくことに。
しかしどの銀行でも「口座を持っていないと両替はできない」「米ドルを持っていない」
「今日のレートが定まってないため両替ができない」と様々な理由で断られ続ける。
なんとか5軒目に訪れた両替所(バスターミナル南のShopriteのとこ)で両替をしてもらえたけど
朝から無駄に疲れた・・・。
f:id:mi28:20160321114220j:plain:w500
なんとか米ドルも手に入れたのでカロンガ行きのミニバスに乗る。
満員になるまでに45分ほど待たされて11時半頃に出発。
f:id:mi28:20160321155946j:plain:w500
前席に置かれた荷物。
果物とトウモロコシとサンダルと・・・謎の黒い袋。
f:id:mi28:20160321123551j:plain:w500
ミニバスは道中の村で乗客の乗り降りを繰り返しながらのんびりと北に向けて進む。
荷物と人満載な上に座席は激狭&激薄で30分もしない内にケツが痛くなってきた。
カロンガまでは途中曲がりくねった山道を通る。
バスの右端に座っていたので、
左カーブ時には遠心力で寄ってくる隣の客と車内側面とに押し潰される形となり地獄。
f:id:mi28:20160325032342p:plain
ていうかこのミニバス、道中の村で客の乗り降りを繰り返すのはいいんだけど、
上の絵(絵心なくてすいません)のように①で客を拾うために停まって、
100mほど先の②(一応正規のバス乗り場っぽいの)でまた客を拾うために停まって、
そのまた100mほど先の③で客を拾うために停まって・・・
みたいなのを繰り返すのですっげー効率悪い。
まあアフリカってそういうもんかと思う一方で
そんなに距離かわらないんだから全員②に集まっとけや!みたいなモヤモヤした感じ。
f:id:mi28:20160321164554j:plain
ボケボケな写真でわかりにくいけど、座る場所がないので
ハイエースの通路部分に立ち乗り(と言っても天井が低いので中腰)する人々。
ミニバスに乗り慣れているであろうマラウィ人でもさすがにきつそうだった。
f:id:mi28:20160321163226j:plain:w500
時折マラウイ湖が姿を現す。
f:id:mi28:20160322103936j:plain:w500
ミニバスは5時半にカロンガに到着。
たかだか200kmちょっとの道のりで大してトラブルもなかったくせに6時間もかかったぞ。

日が暮れそうなので早速宿探し。
バスターミナルの近くに3000クワチャと格安のゲストハウスがあったけど、
なんか売春宿くさいし清潔感がなかったので一旦保留。
f:id:mi28:20160322101020j:plain:w500
その辺の人にいい宿がないかと聞くと、Pacific Rodgeがいいよというので
訪ねてみたところ、6500クワチャで朝食とエアコン付きということで即決!

場所はこの辺。
バスターミナルから歩いて10分くらいの静かな場所。
f:id:mi28:20160321192801j:plain:w500
シャワー(ぬるい水)とトイレ有で部屋・ベッド共に広々としており快適。
なんといってもこの値段でエアコン付きというのが素晴らしい。
蚊帳は破れまくっていたけど窓を開ける必要が無いのであまり気にならなかった。
f:id:mi28:20160321190829j:plain:w500
食事は2500クワチャと少々高めだったけどまずまず。
f:id:mi28:20160322101646j:plain:w500
ボツワナ以来となるエアコン部屋を堪能した翌日は朝食を食べてからタンザニアに向けて出発。
f:id:mi28:20160322121929j:plain:w500
カロンガからミニバスに乗って1時間ほどで国境に到着。
この国境は悪徳両替商で悪名高いらしく、案の定マラウィのイミグレを抜けたあたりから
ウザい両替商がワラワラと寄ってきた。You suck!!You suck!!
両替商どもは無視してソングウェ川にかかる橋を渡り、
タンザニアのイミグレでビザ(50USD)を取得、無事タンザニアに入国。
f:id:mi28:20160322122859j:plain:w500
タンザニアのイミグレの道路を挟んで反対側にまともそうな両替屋があったので
ここでタンザニアシリングを入手。
ザンビア・マラウィと続いたクワチャとかいうわけのかからん通貨単位と違って、
シリングという通貨単位は名投手感があっていいね。
ちなみにマラウィ側にもまともそうな両替屋があったけど昼休み中だった。

ここからこの日の目的地であるムベヤへ行きたいのだけど、
バス乗り場まで2kmほどあるようだったのでバイクタクシーに乗って行った。
バス乗り場まで2000クワチャと言うバイタクのドライバーと交渉して
1300クワチャで行ってもらったけど払い過ぎた気もする・・・。
f:id:mi28:20160322141837j:plain:w500
ムベヤまではバスで3時間ほど。
マラウィでの移動と比べるとバスは広々としていて大分楽になった。
走行中大粒の雨が降り始めたがマラウィの某A社のように
窓の隙間から雨水がザバザバと降り注いでくるようなこともない。
f:id:mi28:20160322145259j:plain:w500
f:id:mi28:20160322145309j:plain:w500
f:id:mi28:20160322145330j:plain:w500
途中の街のバスターミナル。
f:id:mi28:20160322164601j:plain:w500
バスはムベヤ郊外のバスターミナル行きだったので、
そこでダラダラに乗り換えてメインバスターミナルへと向かう。
ダラダラとはタンザニアのミニバスのこと。名前がうける。
ムベヤの街中ではリロングウェでもよく見たオートリキシャが沢山走っていた。

バスターミナル到着後はNew Milleniumの隣の宿(名前忘れた)にチェックイン。
部屋は可もなし不可もなしで1泊25000シリングはちょっと割高じゃないのとは思ったけど、
バスターミナルの目の前という立地を考えるとまあいっかという感じ。
結局カロンガを10時半に出てから6時間もかかった・・・。
多くの旅人はムベヤ-ンカタベイを1日で移動するようだけどみんなバイタリティすげーよな。
自分には無理っす。

タンザニアは時間が1時間早いのでこの時点で17時半、
暗くなり始めているので早速simと翌日のバスチケットを買いに出かけた。
タンザニアでsimを使うにあたっては登録が必要だったので携帯屋に代行してもらった。
1週間無制限のプランがあるvodacomのがよかったけど、
上手く登録が出来なかったのでairtelのsimを購入し6GB7000シリングのプランを選択。
ムベヤでは遅かったけど翌日訪れたダルエスサラームではそこそこの速度が出た。
バスチケットも買えたので宿でゆっくりと休んで終了。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村