Total Nonstop Aviation

C93/日曜東U-35b

ビス子ロック

サファリを楽しんだ翌日はアルーシャで一休み。
f:id:mi28:20160331145640j:plain:w500
前夜から風邪気味だったので昼まで宿でゴロゴロして(ンゴロンゴロへの拠点だけに)、
午後から翌日のバスチケットを買いに出た。

当初の予定ではケニアのナイロビを経由してエチオピアに向かう予定だった。
・・・がここでビザ取得の問題が発生!
たかがエチオピアビザくらい国境で、
もし駄目でもそこらの大使館で取れるだろうとナメてかかっていたけど、
北上組の場合は周辺国(ケニアとかウガンダとか)でのビザ取得が難しいみたい。
どうりでネットで旅ブログを見ても南下組が目立つわけだよ。

空路でならアライバルビザが取れるけど、航空券は最低でも2万はするし・・・。
うーん・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・諦めよう(早っ)
見所は多いらしいのでいつかまた来るよ・・・エチオピアとソマリランド

となるとわざわざ50ドルものビザ代払ってケニアに行く必要もないかなと思って、
ムワンザ経由でルワンダを目指すルートに切り替え。
ムワンザまで25000シリングなり。
f:id:mi28:20160331142812j:plain:w500
定番宿Arusha Backpackers(Meru House Innの斜め前らへん)の隣に中華があったのでここで昼食。
f:id:mi28:20160331141603j:plain:w500
チャーハンがまあまあおいしかった。
街には別に見るものもないので昼食後は宿もぐったり。
f:id:mi28:20160401104413j:plain:w500
翌日は朝6時にアルーシャを出発。
毎回毎回出発が早いんだよなほんと。
写真は途中の休憩所にて。
f:id:mi28:20160401104436j:plain:w500
・・・ってよく見るとなぜかイーグルスのステッカー。
ドラフトではRBエリオットを指名なんて噂あるけどそこんとこどうなんすかね。
f:id:mi28:20160401104401j:plain:w500
キリン。
f:id:mi28:20160402132622j:plain:w500
バスは所要時間9時間の所を8時間半で到着。
早着とはやるじゃないか。
f:id:mi28:20160402132609j:plain:w500
バスターミナルや街へと向かう道路の両端には岩山があって、
岩の間を縫うようにして家が建てられている。
ムワンザ周辺ではこのような風景がよく見られて面白い。

バスターミナルからムワンザの街へは5kmほど離れていて、
移動が面倒くさかったので、バスターミナルすぐそばのKilimanjaro Hotelに宿泊。
シングル20000シリングで部屋は結構綺麗だったけど、隣のバーが夜遅くまでうるさかった。
あとスタッフに金をタカられて、お金はあげないよと言うとすぐ引き下がったものの、
奥の方で他のスタッフにそのことを愚痴っていたのが丸聞こえで印象悪し。
ちょっと馬鹿にしたような感じだったし、なんかね・・・。
※個人の感想です

f:id:mi28:20160402124725j:plain:w500
翌日は米ドルの調達とルワンダビザ申請用紙の印刷のため、ダラダラに乗って街中へ。
f:id:mi28:20160402123421j:plain:w500
ここムワンザはダルエスサラームに次ぐ都市らしく、結構ちゃんとした街感がある。
f:id:mi28:20160402121619j:plain:w500
街中には高そうなホテルもいくつかあって、おお意外とすげーじゃんって感じ。
写真右手のGold Crest Hotelにてドル調達可能な両替所を発見。
f:id:mi28:20160402123006j:plain:w500
街中にも巨大な岩が見られる。
f:id:mi28:20160402120939j:plain:w500
やることはやったのでムワンザきっての?観光名所、ビスマルク・ロックを見に行く。
ビスマルク・ロック前の広場は私有地のようで、"不法侵入した場合は罰金50000シリング"
みたいなことが書かれた(憶測)スワヒリ語の看板があったけど、
管理人っぽい人に2000シリング払って入らせてもらえた。
f:id:mi28:20160402114624j:plain:w500
おー・・・なんかすごいバランス感。
一番上の岩とか蹴飛ばせばゴロゴロと落っこちそう。
f:id:mi28:20160402115105j:plain:w500
広場にある岩もバカでかくて迫力がある。
f:id:mi28:20160402114752j:plain:w500
岩にはレインボーアガマという派手な色のトカゲが這っていた。
オスのみが昼間の間だけ赤青に変色をするそうで、夜間は灰色なのだとか。ふしぎ。
f:id:mi28:20160402115415j:plain:w500
こちらはメス。昼間でも灰色。
軍用機でいうところのロービジ。
f:id:mi28:20160402124224j:plain:w500
この時点でも風邪は治っておらず、くしゃみ鼻水に加えて若干の寒気を感じていたので、
ダラダラで宿に戻って早めに休むことにした。
バスターミナルでルワンダ国境に近いベナコ行きチケット(23000シリング)を確保した後は、
国境越えに備えてエナドリと風邪薬を飲んで宿でぐったり。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村