読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Total Nonstop Aviation

C91/金曜東e-29a

超適当カサブランカ

カサブランカの空港で夜を明かして市内に移動。
f:id:mi28:20160412095349j:plain:w500
カサブランカの空港から市内までは電車で30分くらい。
2等でもエアコン付きの綺麗な車両とはいえ、この距離で40DHは高いよな。
f:id:mi28:20160412105129j:plain:w500
とはいえ下手なヨーロッパの鉄道よりも快適なのも事実。
コンパートメントに入った瞬間汗が吹き出たジンバブエ鉄道なんかとは
はっきり言って比べ物にならないほど。
f:id:mi28:20160412105251j:plain:w500
駅も清潔感があって素晴らしい。
モロッコはアフリカ大陸にあってアフリカとは別世界という感じで、快適な旅が期待できそうだ。
f:id:mi28:20160415125443j:plain:w500
f:id:mi28:20160415132039j:plain:w500
街並みも整っていて先進国と遜色ない感じ。
f:id:mi28:20160415125420j:plain:w500
おぉー路面電車が走ってやがる。
f:id:mi28:20160412132401j:plain:w500
うおおマックもあるぞー。
ということでモロッコ初の食事はビックマックのセット。
値段は55DH前後(だったと思う)なので、日本より少し安いかなといったくらいで、
現地の物価からするとかなり割高なはずなんだけど、店内は地元民で賑わっていて驚いた。
f:id:mi28:20160412204410j:plain:w500
こちらはモロッコを代表する料理、タジン鍋
これに付け合せのパンが付いて35DHくらい。
f:id:mi28:20160415172804j:plain:w300
トルコやイランと違って、
モロッコの食堂でチャイを頼むとほぼ間違いなくこのミントティーが出てくる。
最初のうちは味と匂いにクセがあって苦手だったけど、
慣れてくるとそれが美味しく感じてくるから不思議。

カサブランカでは3泊もしたのだけど、滞在中は情報収集という名目で宿に篭ってネットするか、
たまに外に出てタジン鍋を食べるかといったどうしようもない感じで、
次の目的地であるシャウエンに移動する直前になって駆け足で観光をするという体たらく。
いやあ見所が少ない街でよかった。
f:id:mi28:20160415135546j:plain:w500
デカァァァァァいッ説明不要!!210m!!!建造に8年!!!
ハッサン2世モスクだ!!!
f:id:mi28:20160415120045j:plain:w500
モスクのある広場からはカサブランカの街並みと大西洋が見渡せて綺麗。

・・・

以上、モスクでけー海キレーというなんとも当たり障りのない感想を抱いて僅か10分で観光終了。
f:id:mi28:20160415123112j:plain:w500
帰る途中にメディナ(旧市街)っぽいとこ歩いたけど、
どうせフェズやらマラケシュメディナなんて飽きるほど見るだろということで素通り。
・・・サブランカの扱いが超適当でなんかすいません。
f:id:mi28:20160415173619j:plain:w500
カサブランカからシャウエンまでは国営のCTM社のバスで移動。
13時半出発で、シャウエン着が20時過ぎ、
バスターミナルからメディナの宿まで歩いて30分くらい。
写真は途中の休憩所近くのラウンドアバウトではためくモロッコ国旗達。
同じ赤バックでも中二病くさいアルバニア国旗と違ってモロッコはかっこいい。
f:id:mi28:20160415202318j:plain:w500
シャウエンの街中にあったイルミネーション。
なんかよくわからないけど綺麗。
f:id:mi28:20160416205603j:plain:w500
暗くなってからの到着だったので、観光は翌日に回して腹ごしらえ。
宿のスタッフに安くておいしいレストランは知らないかと聞くと、
お洒落なオープンレストランに連れて行かれたので、
これ絶対高いやつじゃんと思いつつ恐る恐るメニューを見たところ、
意外や意外、写真のタジン鍋+スープ+チャイで48DHとお手頃価格だった。
モロッコは食費や宿代が安くて助かるわー。

宿に帰ると日本人パッカーがいたので12時頃まで雑談して過ごした。
南ア→タンザニアまでは1人として日本人に合わなかったのに、
ルワンダ以降日本人エンカウント率が跳ね上がった感がある。
旅に出る前はわざわざ旅先で日本人とつるむのはどうなんって思ってたけど、
なんだかんだで安心感があるし、文化も言葉も違う環境の中にあって、
そういうことを気にせず話せる相手がいるというのはいいもんだわほんと。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村